UbuntuにZabbixを入れてみる

なにやら多機能な監視ツールであるZabbixをUbuntuでつくったサーバに入れてみるメモ

導入する環境

 Ubuntuのインストール時に選択できるサーバ構成はとりあえず当たり障りなくLAMP+OpenSSH+Sambaにしてあります。

Zabbixは3つの構成要素に分けられます。

  • 監視を行うサーバ部分
  • 監視サーバのWebフロントエンド
  • 監視対象のマシンで動作するエージェント

 

とりあえず監視側のサーバを構築していくので上の2つを導入します。

sudo apt-get install zabbix-server-mysql
sudo apt-get install zabbix-frontend-php

途中でDBまわりの質問がありますが、基本的にはアクセス用のパスワードを設定するだけ。

インストールが完了したら http://server/zabbix にアクセスすることで初期画面が表示されます。

ライセンスに同意すると環境のチェックが入るのですが、デフォルトの環境ではmax execution timeが短すぎるのとdate.timezoneが設定されていないという点でエラーになりました。/etc/php5/apache2/php.iniを編集して該当の項目を修正します。max execution timeを300に、date.timezoneを”Aisa/Tokyo”に設定しました。

あとは問題もなく設定完了。実際にはadminのパスワードなど必要に応じて設定する必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください