MTブログの引っ越し

MTブログの引っ越しをしたのでそのときのメモ。

はじめたばかりのブログですが、いきなりお引っ越しをしました。具体的にはどこかに乗り換えるというわけではなく、手元の別のマシンにデータを移行した、というのが正確なところですが、いろいろ引っかかったりしたのでメモ。

基本的にMT4にはブログのエクスポート、インポート機能とMT全体やブログのバックアップ、復元機能が備わっています。今回は引っ越しではありますが、そのままのデータを移動するだけなので丸ごとバックアップしてそれを復元する方向で作業しました。

で、作業は簡単。ダッシュボードの右上にあるシステムメニュー、ツールとたどってバックアップを選択。無圧縮と圧縮するのと選べますが、無圧縮だとばらばらとファイルが現れてめんどくさいので適当に固めてもらいます。選択肢はZIPかtar.gz。そこで取得できるファイルをそのまま別のマシンのMTのダッシュボードからバックアップの復元を選択して読ませればそれで完了です。

と、手順は簡単なのですが、僕はここではまりました。まずバックアップファイルが25MBくらいあって、IE系だとそのアップロードしたあとなにも起きませんでした。Fxだとファイルでかすぎと怒られました。どうすりゃいいっちゅーねん。

で、きっと方法はたくさんあるんだけど、とりあえずバックアップファイルが小さければ問題なさそうです。そもそもなんでこんなにでかいかといえば、最初のいくつかのブログ記事の写真は同じMT上においてあるのでそれもバックアップされてしまいそれがでかいのです。D40で撮った写真は3MBくらいあってそれをそのままアップしてたらそりゃでかくなるわ。ちなみに途中からはFlickrを参照するようにしているので完全にテキストだけのサイズになっています。とりあえず、そんなに数はないので直接MTに保存した画像を読んでいる記事を書き換えてFlickrを参照するようにしました。あわせて写真をFlickrにアップ。

これで無事データの移行はできました。サイドガジェットの設定はなんか引き継がれなかったけどそのは設定すればいいので問題にはしないことにします。RSSとAtomの両方を吐かせるようにする設定は引き継がれていました。

あとはこの状態でサイトの再構築をすればいいのですが、ここでまたはまりました。再構築中にInternal Server Errorで再構築が停止してしまいます。

httpd-error.logをみるとCannot allocate red zone for initial threadというエラーが出ています。ググってみるとどうやらFreeBSD7.0からスレッド周りのライブラリが変更されていて、そのへんに関係するエラーらしいことがわかりました。実際にこけているのはperlでこいつは6系から引き継いだものなので古いライブラリを参照していて、7系にはちゃんと互換性のために古いライブラリも入っているのですが、なぜか古いライブラリのつもりで新しいライブラリを参照することでこけていたようです。

で、解決方法はperlのリビルド。

# cd /usr/ports/lang/perl5.8
# make
# make test
# make deinstall reinstall clean

これで、解決。

それ以外にもVirtualHostの設定をしているときにTypoしていて全然アクセスできないとかで1時間ほどつぶれました。ちゃんと確認しましょう、自分。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください