Whiite-linuxをいじってみた

Wii上で動作したLinuxをいろいろいじってみた。

  • date
    • Wed Jul 30 13:44:25 CEST 2008
      • あ、あれタイムゾーン設定してねえw
  • uname -a
    • Linux whiite 2.6.24-isobel-wii #1 PREEMPT Fri Jul 4 21:33:58 CEST 2008 ppc GNU/Linux
  • df -h
    • Filesystem            Size  Used Avail Use% Mounted on
      rootfs                1.8G  521M  1.2G  31% /
      /dev/root             1.8G  521M  1.2G  31% /
      tmpfs                 9.6M     0  9.6M   0% /lib/init/rw
      tmpfs                 9.6M  4.0K  9.6M   1% /dev/shm
  • free -m
    •              total       used       free     shared    buffers     cached
      Mem:            19         18          1          0          0         10
      -/+ buffers/cache:          6         12
      Swap:           51          0         51
      • メインで使えるメモリは20MB弱。。。whiite-linuxのREADMEにも書いてあったけど、ほんと少ない。
      • Swapとして見えているのは外部メインメモリってやつかな?(Wikipedia)サイズは非公開だけど。
  • iperf -c 192.168.1.15
    • ————————————————————
      Client connecting to 192.168.1.15, TCP port 5001
      TCP window size: 16.0 KByte (default)
      ————————————————————
      [  3] local 192.168.1.17 port 53906 connected with 192.168.1.15 port 5001
      [  3]  0.0-10.0 sec  5.47 MBytes  4.58 Mbits/sec
      • Maxで10Mbpsとかどっかに書いてあったけど、まあこんなものなのかなあ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください