WiiでLinuxを動かしてみる

NintendoのWii上でLinuxを動かしてみたときのメモ。


必要な装備

  1. Wiiを手に入れる。
  2. Wii用の有線LANアダプタを手に入れる。
  3. ゼルダの伝説 トワイライトプリンセスを手に入れる。
  4. 適当なサイズ(2GB推奨)のSDカード(非SDHC)を手に入れる。
  5. 普通に使えるLinuxマシンを用意する。

前準備

  1. Wiiリモコンにヌンチャクを接続する。
  2. トワイライトプリンセスをプレイしてセーブデータをWii本体に保存する。
  3. SDカードをFATでフォーマットする。
  4. トワイライトハック用のセーブデータをとってくる。
  5. ハック用のセーブデータをSDに保存する。場所がわからなければWiiのセーブデータをSDにバックアップする操作をしてPCで開けばいい。
  6. ハック用のデータを保存したSDをWiiに刺して起動し、Wii本体のゼルダのセーブデータを決してSDのデータをコピーする。

Linux起動用SDカードの準備

  1. SDカードを2つのパーティションに分割する
    1. 100MBくらいの起動用パーティション:FAT
    2. 残り全部Linuxディストリ用パーティション:ext2/ext3
  2. Linux on Nintendo Gamecubeのページから必要なファイルを取ってくる
    1. whiite-linux-0.1a.tar.bz2
    2. debian-etch+whiite-linux-0.1.tar.bz2
  3. それぞれSDカードに展開する
    1. whiite-linux-0.1a.tar.bz2はFATパーティションに
      • sudo tar -C /media/sd/fat -xjvf whiite-linux-0.1a.tar.bz2 -o –strip-components 1
      • sudo cp /media/sd/fat/apps/whiite-linux/boot.elf /media/sd/fat/boot.elf
    2. debian-etch+whiite-linux-0.1.tar.bz2はext2/ext3パーティションに
      • sudo tar -C /media/sd/ext3/ -xjvf debian-etch+whiite-linux-0.1.tar.bz2

Linuxの起動

  1. Linux起動用SDカードをWiiに刺して起動する
  2. ゼルダを起動する(ヌンチャクの装着をわすれずに!)
  3. ハック用セーブデータをロードする
  4. 後ろ向きに少し歩くor目の前にいる人に話しかけるとLinuxが起動する
  5. root/whiiteとかでログインできる
  6. 有線LANアダプタを刺していればネットも使える。内蔵の無線LANはまだ使えない

と、こんな感じで、WiiでLinuxが起動できました。Debianなのでapt-getすれば色々できるかと思いますが、なんせfreeとかやるとわかりますがメモリが20MBくらいしかないので、実際はやれることは限られそうです。
小さいし、電気あまり食わないし自宅でWebサーバ立ち上げるくらいならいいのかなあ。

WiiでLinuxを動かしてみる” への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください